一般的な症状

身体への負担が少なく、早期の社会復帰が可能な治療法

どのような症状が出るのか

「この症状はこの疾患」と、はっきり断定することが難しいのが腰痛。ここでは、代表的な疾患に伴う症状をまとめました。しかし、下記はあくまでも目安です。人により原因は様々ですので、自己判断はせず、必ず医師の判断に基づいて治療をしてください。

◆腰痛症(ぎっくり腰)
中腰でものを持ち上げたり急に立ち上がろうとした時に激痛が走る。前にかがんだだり長く座っていると時に痛む。寒いところで仕事をした時痛む。重く張ったようなだるいような痛みが続き、慢性化する場合も。

◆変形性脊椎症(変形性腰椎症)椎間板症
腰部に鈍痛とこわばりを感じる。立つ時の動作時、寝返り時に痛みが強く出る。動き始めに痛み、動いていると痛みが少し楽になる。

◆腰椎椎間板ヘルニア
腰から足先にかけての痺れや痛み、筋力の低下。せきやくしゃみでも激痛がおこる。腰を曲げないと痛みで立っていられないほどの腰痛と下肢の痛み。前傾姿勢やイスに腰掛けるのが辛く、横になっているのが楽。

◆脊柱管狭窄症(腰部脊柱管狭窄症)
立って腰が伸びた状態で痛みが強くなる。(前屈みになると楽)長く歩くと腰から足の裏にかけて歩けなくなるほど痛んだり痺れたりするが、しばらく休むと歩けるようになる。

◆脊椎分離症・腰椎分離症
腰痛症のような痛みが出て、ときには下肢の痛みや痺れ痺れもある。同じ姿勢を長くしていると、腰が痛くなる。背中を後ろに反らせる、腰掛ける、立つ、歩くなど、同じ動作を続けるのが辛い。激しい運動中に急に腰が抜ける。

◆すべり症
腰の激しい痛み。腰下が抜けたような感覚。腰が据わらず上半身を支えられない。痛みと共に、ときには下肢の痛みや痺れもある。

◆座骨神経痛
腰の痛み、臀部から太ももの後ろ側にかけての鋭い痛み、痺れ。体を動かすと痛みやしびれが悪化する。足に力が入らなくなる。足の筋肉が左右で差が出てくる。

ヘルニアレーザー治療院の選び方