腰痛ベルトやコルセット

身体への負担が少なく、早期の社会復帰が可能な治療法

身体をサポートする

腰痛ベルト・コルセットは、身体を支える腹筋や背筋をサポートしたり、体幹の動きを制限し痛みの出る動作や姿勢をとらないようにするためのものです。これらはヘルニアの根本的な治療ではありませんが、市販の腰痛ベルトが一本あるだけで、腰痛持ちやぎっくり腰に不安をもっている人には心強くもあり、不意の時に役立ちます。

特に、重い物を取り扱うような場面では、腰痛ベルトが椎間板ヘルニアの予防・再発防止に大変有効です。

メリット

  • 腰への負担が軽減されることにより痛みが和らぐ
  • 日常生活のサポートに有効
  • 1度購入すれば長期間使用できる

デメリット

  • 長く装着している事によって、逆に筋肉が弱くなってしまう
  • 締め付けすぎによって血流が悪くなってしまう
  • 必要に応じてこまめに緩めたり外したりすることが必要です。

選ぶ際のポイント

  • 腹圧を逃がさずしっかりと固定できるもの
  • 日常生活動作をできるだけ妨げないもの
  • ちょっとした動作でズレないもの
  • 通気性が良いもの

価格は、腰痛ベルトは、数千円のものから1万円以上のものまで様々です。整形外科等、病院で作る医療用コルセットは、大体5万円程度とかなり高めですが、保険が適用されるため何割かは戻ってくるようです。

腰痛の程度や予算に応じて、自分にぴったり合ったものを選び、再発防止に活用してくださいね。

ヘルニアレーザー治療院の選び方