治療法について

身体への負担が少なく、早期の社会復帰が可能な治療法

その他の治療法について

椎間板ヘルニアの治療法について、レーザー治療以外にも様々な方法がありますが、大きく分けると「保存療法」と「手術療法」の2つがあります。

3ヶ月の間におよそ60%の人が痛みが自然に解消したという報告があるように、一般的に良性のものが多いヘルニア。この、人間の持つ自然治癒力をサポートすることで症状を軽減するのが「保存療法」です。

但し、これはあくまでもヘルニアの症状の「軽減」を目的としたもので「改善(治す)」するものではありません。不安を抱えた状態がつらく、早期になんとかしたいと思うのであれば、レーザー治療等の積極的な治療をした方が、精神的・身体的にラクかもしれません。

ヘルニアにより、重大な障害が生じた場合や、保存療法やレーザー治療で改善が見られない場合などは、手術という選択肢もあります。

手術は症状の原因を直接取り除く方法なので、確実な効果が期待できる反面、1〜2週間の入院が必要なため時間的・経済的な問題が生じます。多少なりとも身体を傷つける行為であること、また、手術を受けたからと言って誰もが100%完治するという保証はないなど、慎重に検討する必要があります。

なお、一度手術を行うと、再発しても原則として再手術が非常に難しいとのことなので、手術は「最後の切り札」として考えた方が良いようです。

ここでは、それぞれの治療法について、ご紹介します。

ヘルニアレーザー治療院の選び方